山野巡り

低山中心の登山、ルート探訪、史跡探訪などの記録

オリジナル自家製沢ワラジ

f:id:taksi03833090:20220824210222j:image

先日の沢歩きで、川底の石にはどれも苔が付着してとても滑ることが身に染みて体験できた

対策としてなるべくお金をかけずに考えた結果、先日作成したマンサンダルを応用し、100均で手に入れたフェルト生地を加工して地下足袋装着スタイルのワラジを作成した

次の実戦が楽しみであり少々不安


f:id:taksi03833090:20220824210250j:image
f:id:taksi03833090:20220824210311j:image
f:id:taksi03833090:20220824210209j:image
f:id:taksi03833090:20220824210231j:image
f:id:taksi03833090:20220824210300j:image
f:id:taksi03833090:20220824210241j:image

テンカラ好釣

初めて訪れた新たな谷にて

三尾釣り上げる

一回の釣行で複数釣り上げたのは初めてで興奮する

ただ、地下足袋のみでの沢登りはやはり足下が滑るため危険。何かしらの工夫が必要と感じた

 

 

 

f:id:taksi03833090:20220707214809j:image

上り始めてすぐの一尾


f:id:taksi03833090:20220707214909j:image
f:id:taksi03833090:20220707214754j:image

いそうだがここでは釣れず


f:id:taksi03833090:20220707214921j:image

この上へ


f:id:taksi03833090:20220707214823j:image

すぐに釣れた


f:id:taksi03833090:20220707214857j:image

少し上がって


f:id:taksi03833090:20220707214438j:image

ここで


f:id:taksi03833090:20220707214933j:image

3尾目


f:id:taksi03833090:20220707214802j:image
f:id:taksi03833090:20220707214422j:image

立派な大きさ


f:id:taksi03833090:20220707214834j:image

木ノ窪川上流沢登り

午後から時間が空いたので近場で気になっていた場所へ向かう

現地へは小矢部側からアプローチ

途中で寄り道し、一の滝、二の滝へ。ここははじめて訪れたが子連れで来ると楽しめそう

さらに上流へ向かい石川県境の木ノ窪川 大滝より上流を攻めてみる

ヤマメを狙いに行くが、あまりいそうな気配はなし

夕方近くなったので竿はださず最初の堰堤まで詰めてみる

はじめて地下足袋沢登をしたがこれは想像以上に楽で気持ちがよく定番装備になりそう

結局竿は出さず初の地下足袋沢登りと地形を楽しんだのみにとどめる

地形図で気になった場所はとにかく行ってみないとわからない

 

f:id:taksi03833090:20220702161627j:image

一の滝


f:id:taksi03833090:20220702161105j:image

二ノ滝


f:id:taksi03833090:20220702161132j:image
f:id:taksi03833090:20220702161220j:image

大滝より上流の川への進入地点 ここまでMTB


f:id:taksi03833090:20220702163627j:image
f:id:taksi03833090:20220702161419j:image

さらに上流へ


f:id:taksi03833090:20220702163807j:image

アブラハヤはたくさんいた


f:id:taksi03833090:20220702164028j:image
f:id:taksi03833090:20220702163857j:image

カタハもまずまずある


f:id:taksi03833090:20220702161310j:image
f:id:taksi03833090:20220702163742j:image

堰堤まで来た


f:id:taksi03833090:20220702161532j:image

地下足袋にて