山野巡り

低山中心の登山、ルート探訪、史跡探訪などの記録

白山三山巡り 別山〜大汝峰〜御前峰

絶好の山日和と休日がようやく重なり、白山へ。次いつ行けるか分からないので前日は8時就寝、1時起床、3時に登山開始となった。

満月に照らされながら約3時間で別山山頂到着

日の出には間に合わなかったが、朝日と、雲海越しに見えるアルプス連峰に感動。

強風を避け、南竜へしばらく向かい、道中で御嶽を目の前におにぎりを頬張る。ここから先は稜線沿いのアップダウンを繰り返し展望歩道を経由して約3時間で室堂へ到着。

絶景に写真を撮りすぎ、カメラの電池切れ。あとはスマホ写真。

室堂ではシェラカップと固形燃料の組み合わせクッカーで作った温かいインスタントコーヒーとあん入りの揚げトーストサンドでバッチリ補給完了。ボトルに水を補給し、御池巡りコースから大汝へ向かう。

大汝手前で、別山ですれ違った方と再び挨拶。どうやら自分と同じコースを辿ってきているらしい。下山コースを別当経由か禅定道か迷っていられた。

大汝の急登を登り切り、初登頂となる頂へ。二座目のお参りを済ませてから裏へ降って一周して御前峰へ向かう。

御前峰へのガレ場の登りは少々ルートに迷ったがなんとか立ち止まり確認しながら登頂。最後のお参りを済ませて三座コンプリート

後は降るだけだがここからが長い。

再び室堂でナッツやゼリーを補給して観光新道、禅定道と順に降っていく。

足の中指は死んだがなんとか16時には市ノ瀬ゴール。約13時間の充実した山行となった。

 

f:id:taksi03833090:20210923131433j:image
f:id:taksi03833090:20210923131234j:image

満月の中スタート


f:id:taksi03833090:20210923131333j:image

満月にパワーをいただく


f:id:taksi03833090:20210923201519j:image

空が白んできて紅葉が見える


f:id:taksi03833090:20210923131229j:image

まだまだ後に向かう山頂方面


f:id:taksi03833090:20210923131243j:image

空へ向かう


f:id:taksi03833090:20210923125525j:image

稜線へ出て絶景に感動


f:id:taksi03833090:20210923125628j:image

別山を捉えた。


f:id:taksi03833090:20210923125557j:image

遠くまで見渡せる


f:id:taksi03833090:20210923131340j:image

一座目お参り


f:id:taksi03833090:20210923131405j:image

素晴らしい景色


f:id:taksi03833090:20210923125551j:image

展望歩道より


f:id:taksi03833090:20210923125606j:image

平瀬道より


f:id:taksi03833090:20210923125648j:image

室堂到着


f:id:taksi03833090:20210923125424j:image

至福のコーヒータイム


f:id:taksi03833090:20210923131349j:image

石を利用させていただく


f:id:taksi03833090:20210923125543j:image

軽くてコンパクト


f:id:taksi03833090:20210923125433j:image

お池巡りコースへの道


f:id:taksi03833090:20210923125501j:image

お池巡り


f:id:taksi03833090:20210923125451j:image

大汝峰を捉える


f:id:taksi03833090:20210923125622j:image

なかなかの急登


f:id:taksi03833090:20210923125532j:image

大汝峰初登頂


f:id:taksi03833090:20210923131357j:image

二座目のお参り


f:id:taksi03833090:20210923131427j:image

小松方面のけしき


f:id:taksi03833090:20210923131223j:image

絵になる風景


f:id:taksi03833090:20210923125358j:image

昨年行った加賀禅定道方面


f:id:taksi03833090:20210923131442j:image

池と蝶

タイミングよくフレームイン


f:id:taksi03833090:20210923125442j:image

神々しい


f:id:taksi03833090:20210923125613j:image

室堂越しに歩いてきた全景が見渡せる


f:id:taksi03833090:20210923131327j:image

三座目御前峰


f:id:taksi03833090:20210923125509j:image

お参り


f:id:taksi03833090:20210923125518j:image

室堂平は気持ち良い


f:id:taksi03833090:20210923131318j:image

観光新道へ降る


f:id:taksi03833090:20210923125404j:image

殿が池でしばし休憩


f:id:taksi03833090:20210923125640j:image

市ノ瀬へ向け禅定道へ進む


f:id:taksi03833090:20210923131416j:image

巨木が多い


f:id:taksi03833090:20210923131255j:image

剃刀窟


f:id:taksi03833090:20210923125415j:image

ようやく車道へ合流


f:id:taksi03833090:20210923131307j:image

吊り橋を渡りゴール

13時間かかった

宝達山周辺散策

早朝宝達周辺ランandハイクへ

こぶしの路から山頂へ登り切り、ブナの林を散策して北側の林道を下る。

途中で金山の坑道跡を見て、清流を横目にしながら曲がりくねった長い道を下る。

下り切ってからはトトロのオブジェに癒されしばらくロードラン

トータル約21キロの散策となった。

 

f:id:taksi03833090:20210915150308j:image
f:id:taksi03833090:20210915140606j:image

ここから出発


f:id:taksi03833090:20210915150227j:image

しばしロードラン


f:id:taksi03833090:20210915140624j:image

こぶしの路ヘ


f:id:taksi03833090:20210915150314j:image
f:id:taksi03833090:20210915140652j:image

山頂到着
f:id:taksi03833090:20210915140613j:image
f:id:taksi03833090:20210915150320j:image
f:id:taksi03833090:20210915150214j:image
f:id:taksi03833090:20210915150223j:image
f:id:taksi03833090:20210915204747j:image

北側の林道を下る


f:id:taksi03833090:20210915150247j:image

滝港方面


f:id:taksi03833090:20210915140644j:image
f:id:taksi03833090:20210915140703j:image

金山鉱跡


f:id:taksi03833090:20210915204739j:image

ここは初めて通る林道


f:id:taksi03833090:20210915150241j:image

ここから沢登りできそう


f:id:taksi03833090:20210915150303j:image

清流に癒される


f:id:taksi03833090:20210915150254j:image

猫バスもいた


f:id:taksi03833090:20210915140635j:image

散歩道

mont-bell

何年か振りにモンベルへ。

速乾Tシャツを一枚と、夜間山行のためのヘッドランプも新調。

ヘッドランプに被せるとランタンに早変わりするアイテムも便利そうで思わず購入。

あとは剥がれてきたシューズのソール補修のためシューリペア、家族分数が足りなかったスタッキングカップも買っておく。

満足満足。

自分の物持ちの良さプラスモンベルの品質の良さで今日買ったものは全て最低10年は使うだろう。過去に買ったシャツも20年以上着ている。

他にも欲しいものはたくさんあったがキリがないのでなんとか我慢。見てるだけで楽し過ぎて1時間半もうろついてしまった。

帰り際に入り口付近でサイクルコースマップと北アルプス山小屋マップを発見。これは非常に役立ちそう。参考にして色々行ってみよう。

 

f:id:taksi03833090:20210909150533j:image
f:id:taksi03833090:20210909150526j:image
f:id:taksi03833090:20210909150540j:image

潟一周駅伝コース試走

早朝少し肌寒い中、近くの潟を一周する駅伝のコースを走ってみる。

久しぶりの30キロ越えだが途中でストライドを変化させる工夫でこれまでで1番楽に走りきれた。

寝起きで水を少し飲んだのみで走行中は無補給で完走して、ゴール後は至福のキウイナッツ青葉ヨーグルト。

これをおいしくいただくために走ったようなものかも。

普段から朝食は毎朝このトッピングヨーグルトのみ、昼は味噌汁と生卵と納豆、夜は味噌汁と生卵と納豆と米の食事を3日に一度繰り返していたので、エネルギー効率が上がったのか30キロ走っても全くエネルギー切れも胃腸トラブルも無かった。

これからもこの食生活を継続してみよう。

 

f:id:taksi03833090:20210909145218j:image
f:id:taksi03833090:20210909145223j:image
f:id:taksi03833090:20210909145206j:image
f:id:taksi03833090:20210909145237j:image
f:id:taksi03833090:20210909145231j:image
f:id:taksi03833090:20210909145213j:image

R360〜R167石川県のナイアガラ経由ライド

能美市から中海へ抜け、R167号線へ。峠を越えて鳥越へ一旦降りてR360再び峠を越えて小松へ入り本日のメインスポット十二が滝へ。裸足になって入りアイシングを済ませて、しばらく市街地へ走ったところで大判焼きをいただく。

エネルギー切れ直前の絶妙な店の出現タイミング。めちゃめちゃ美味しかった。

エネルギーしっかりチャージされて、真っ直ぐ海側へ向かい、小松基地へ突き当たり、しばらく戦闘機を眺めて根上能美経由で帰還

R167沿いの渓流はMTBで渓流釣りに来たら面白そう。十二が滝周辺にはキャンプ場や鷹落山などがあり、キャンプアンド登山なんか面白そう。

発見の多い約130キロの充実ライドとなった。

 

 

f:id:taksi03833090:20210906173252j:image
f:id:taksi03833090:20210906173216j:image
f:id:taksi03833090:20210906173226j:image
f:id:taksi03833090:20210906173302j:image
f:id:taksi03833090:20210906173142j:image
f:id:taksi03833090:20210906173312j:image
f:id:taksi03833090:20210906173151j:image
f:id:taksi03833090:20210906173204j:image
f:id:taksi03833090:20210906173243j:image
f:id:taksi03833090:20210906173156j:image
f:id:taksi03833090:20210906173237j:image

獅子吼狗高原ピクニック

夏休み最終日、登山道経由で高原へピクニック

もしかして奥獅子吼までいけるかなと思っていたがさすがに遠い。月惜峠でまだ半分以下

月惜峠から獅子吼高原へ稜線のトレイルを進み高原へ到着。持ってきたバーナーで湯を沸かし、カップヌードルとおにぎり、焼き鳥の缶詰で手取川沿いの絶景を眺めながらランチタイム

旧キャンプ場にて遊具で遊んで下山時には夏わらびを採りながら無事下山

下山が特に楽しかったようで、充実した夏の最終日となった。

 

f:id:taksi03833090:20210902121038j:image
f:id:taksi03833090:20210902120959j:image
f:id:taksi03833090:20210902120800j:image
f:id:taksi03833090:20210902121132j:image
f:id:taksi03833090:20210902121011j:image
f:id:taksi03833090:20210902120704j:image
f:id:taksi03833090:20210902120905j:image
f:id:taksi03833090:20210902120823j:image
f:id:taksi03833090:20210902120845j:image
f:id:taksi03833090:20210902120806j:image
f:id:taksi03833090:20210902121243j:image
f:id:taksi03833090:20210902120721j:image
f:id:taksi03833090:20210902120926j:image
f:id:taksi03833090:20210902121018j:image
f:id:taksi03833090:20210902120658j:image
f:id:taksi03833090:20210902120713j:image
f:id:taksi03833090:20210902120935j:image
f:id:taksi03833090:20210902120748j:image
f:id:taksi03833090:20210902121120j:image
f:id:taksi03833090:20210902121055j:image
f:id:taksi03833090:20210902120837j:image
f:id:taksi03833090:20210902121047j:image
f:id:taksi03833090:20210902120815j:image
f:id:taksi03833090:20210902121106j:image
f:id:taksi03833090:20210902120915j:image
f:id:taksi03833090:20210902120854j:image
f:id:taksi03833090:20210902121029j:image
f:id:taksi03833090:20210902120731j:image
f:id:taksi03833090:20210902120739j:image
f:id:taksi03833090:20210902120947j:image

canteen cup

アルミのアーミーキャンティーンカップをたまたまとある店頭で発見して即購入

中古だけど、使い古された感じがたまらない。

サイズもコーヒーはもちろんカップ麺をカップから離脱して持っていき、この中に入れてお湯を注げばちょうど良いサイズ。

コケネンとマッチをこの中に入れるだけで事足りるので、かなりの軽量級クッカーセットになりそう。

これから使い倒してさらに味わいを出していこう。

 

f:id:taksi03833090:20210830181532j:image
f:id:taksi03833090:20210830182212j:image
f:id:taksi03833090:20210830181633j:image