山野巡り

低山中心の登山、ルート探訪、史跡探訪などの記録

キゴ山スキーハイク&デイキャンプ

銀河の里キゴ山付近を出発

若干の湿雪だが沈まず急登も登れてスキーハイクにはちょうど良い日だった

林道を避けて林の中をサクサク登り一旦山頂へ

広い山頂を見上峠方面へ進み藪を下る

途中からは急斜面のためワカンに履き替え、スキーを投げながらゆっくり下って行く

見上げ峠からはキゴ山の裏手を通って途中で林へ分け入り再び登る

しばらく登って林間の少し平な場所でポンチョテントをザックから取り出し展開

つい先日入手したポールで二股フレームを組み快適な住居が完成

中へ入り固形燃料で温まりながら焼き鳥缶詰で親子丼を作る

食後はしばらくコーヒーを飲みながら寛いでから、名残惜しくも手早く撤収して再び山頂を目指す

山頂に着いたらシールを剥がして滑走モードに切り替えて上級コースを滑るが、重い荷物とサイズの大きいブーツがだめなのかターンが全然思い通りにいかず、8の字で滑りながらやっとの思いで降る

降り切って再びシールを着けて歩行モードに切り替え、約5時間の楽しい時間は終了

帰り道で発見した大型酒店で清酒ハ海山とクラフトビールを買い帰宅

 

f:id:taksi03833090:20220125201255j:image
f:id:taksi03833090:20220125201351j:image
f:id:taksi03833090:20220125201232j:image
f:id:taksi03833090:20220125201310j:image
f:id:taksi03833090:20220125201342j:image
f:id:taksi03833090:20220125201321j:image
f:id:taksi03833090:20220125201246j:image
f:id:taksi03833090:20220125201223j:image
f:id:taksi03833090:20220125201239j:image
f:id:taksi03833090:20220125201330j:image
f:id:taksi03833090:20220125201302j:image
f:id:taksi03833090:20220125201215j:image

宝達ワカンハイク&デイキャンプ

相変わらず安定の宝達へ

趣向を変えてデイキャンプ

割と重いポーランド軍のポンチョテントを担ぎあげてワカンにて

470m付近で一人テントを広げ、ロープで枝から吊るして中に入る

生地がゴツいのと火に強いので中で安心して火器が使える

チキンタイカレーとラテでお腹を満たして温まり少し横になって贅沢な時間を過ごす

外は雪が結構降っていたが内部は暖かく、自分で運んできたこの心地よい居住スペースに充足感を得る

もう満足で山頂へは行かず水を汲んで帰る

 

 

f:id:taksi03833090:20220119164552j:image
f:id:taksi03833090:20220119165111j:image
f:id:taksi03833090:20220119164603j:image
f:id:taksi03833090:20220119164623j:image
f:id:taksi03833090:20220119164613j:image
f:id:taksi03833090:20220119164712j:image
f:id:taksi03833090:20220119164649j:image
f:id:taksi03833090:20220119164630j:image
f:id:taksi03833090:20220119164657j:image
f:id:taksi03833090:20220119164642j:image
f:id:taksi03833090:20220119164704j:image

宝達スキーハイク

そこそこ積もったので今期初スキーへ

いつもの宝達

初の試みで板を担いで登山道を上り、林道をスキーで

途中避難小屋でトマトソースパスタを作り力を蓄えたが、下りは斜度が緩くほぼ滑れずスキー歩行となる

スキーハイクのいいトレーニングになった

 

f:id:taksi03833090:20220115184311j:image
f:id:taksi03833090:20220116122053j:image
f:id:taksi03833090:20220116122007j:image
f:id:taksi03833090:20220116121951j:image
f:id:taksi03833090:20220115184324j:image
f:id:taksi03833090:20220116121958j:image
f:id:taksi03833090:20220116122100j:image
f:id:taksi03833090:20220116122038j:image
f:id:taksi03833090:20220116122027j:image
f:id:taksi03833090:20220115184319j:image

宝達スノーハイク

天気は良くはなかったが、アルパインブーツ履いてワカン担いでいつものこぶしの路へ

竜宮城からワカン履き頂上奥の林の中でひっそりとメスティンを火にかけ、いなばのバターチキンカレーで補給しながら温まる。

帰りは真っ白な池の周回遊歩道をワカンハイク

はじめての景色を楽しめた。

 

f:id:taksi03833090:20220110190052j:image
f:id:taksi03833090:20220110190041j:image

医王山スノーハイク

天気が良かったので医王山へ

昼までに帰るため早朝より

見上峠から林道沿い、医王の里すぎて登山道へ。スノーシュー脱着しながら進む。

しらハゲ経由で夕霧まで行き、湯を沸かしてカフェオレ飲んで帰りは林道で一気に下山。スノーシューランニングで。

ビタルコーヒ、本日はグアテマラ土産にして昼までに帰還

 

f:id:taksi03833090:20220106025712j:image
f:id:taksi03833090:20220106025737j:image
f:id:taksi03833090:20220106025730j:image
f:id:taksi03833090:20220106025716j:image
f:id:taksi03833090:20220106025538j:image
f:id:taksi03833090:20220106025547j:image
f:id:taksi03833090:20220106025745j:image
f:id:taksi03833090:20220106025704j:image
f:id:taksi03833090:20220106025722j:image
f:id:taksi03833090:20220106025725j:image
f:id:taksi03833090:20220106025741j:image
f:id:taksi03833090:20220106025708j:image
f:id:taksi03833090:20220106025543j:image
f:id:taksi03833090:20220106025900j:image
f:id:taksi03833090:20220106025700j:image
f:id:taksi03833090:20220106025551j:image
f:id:taksi03833090:20220106025733j:image
f:id:taksi03833090:20220106025555j:image

宝達トレーニング

宝達山2往復トレーニング山行

最後は休み休みやっとこさ

まだまだ修行が必要

近場の適度なアップダウンで走り続けられ、登りの時間は40分弱と、トレーニングにもってこいの山。徐々に力をつけて5往復は行けるようになりたいが、今はまだ3往復で限界。

 

f:id:taksi03833090:20211223212624j:image
f:id:taksi03833090:20211223212632j:image

湯涌の名湯

何度か食事や温泉で訪れたことがあったお気に入りの場所だが、今回初めてキャンペーンを利用して宿泊する。

囲炉裏を囲んでのジビエ鍋コースは想い出に深く刻まれた。

お風呂は源泉掛け流しの大きな檜風呂

芯まで癒される

 

f:id:taksi03833090:20211223212005j:image
f:id:taksi03833090:20211223212026j:image
f:id:taksi03833090:20211223211952j:image

f:id:taksi03833090:20211223212502j:image
f:id:taksi03833090:20211223212509j:image
f:id:taksi03833090:20211223212456j:image
f:id:taksi03833090:20211223212011j:image
f:id:taksi03833090:20211223212019j:image
f:id:taksi03833090:20211223212032j:image
f:id:taksi03833090:20211223211945j:image
f:id:taksi03833090:20211223211938j:image